アバウト日記Ⅱ

愛知の田舎で、ダンナ、息子、猫♂、犬♂と暮らす主婦のお気楽日記。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホットロード

  1. 2013/10/17(木) 19:46:26_
  2. 漫画・小説など
  3. _ comment:0
相変わらずの「あまちゃん」大好きなダンナ。

総集編を見ただけでは飽き足らず、最初から全編が見たいと
DVDを借りてきては、毎日のように見てます。
・・・私は、流石に飽きてきたぞ・・・(;´Д`)

で、今日の中スポに載っていた芸能ニュースで
あまちゃん主役の能年ちゃんが、映画「ホットロード」の
主役が決まったそうで、すでにダンナは観に行く気満々←

ホットロードと言えば、私がその昔大好きだった漫画で
リアルタイムで見ていたんだよね~懐かしい!!
不良がいっぱい出てくるんだけど、
昔とは違ったヤンキーになるんだろうなぁ・・・


コミックス全4巻が累計発行部数700万部を記録した紡木たく氏の少女漫画「ホットロード」が実写映画化され、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレイクした女優の能年玲奈が主演をつとめることが16日、わかった。

母親から愛されずに育った14歳の少女・宮市和希が、暴走族の少年・春山洋志と出会い、不良の世界に自らの居場所を求める姿を描いた同作。主人公の和希に抜擢された能年は「今回、映画ホットロードという作品に出演させていただく事になりました。皆さんに楽しんでいただける作品になればと毎日願っております。私も、そうなるよう一生懸命を尽くしたいと思います。変わらない私で」とコメントを寄せた。

◆原作者が能年に惚れ込む

「あまちゃん」の放送前から能年を和希として惚れ込んでいたという原作の紡木氏は「彼女がいたから実写化できると思った」と映画化への熱い思いを語り、自ら脚本を監修。「ソラニン」「僕等がいた」の三木孝浩氏が監督をつとめ、原作の普遍的なテーマでもある究極の“純愛”を描き出す。

今年11月にクランクインし、12月にクランクアップ、来年4月に完成予定。映画「ホットロード」は来夏公開。(モデルプレス)

■映画「ホットロード」
原作:「ホットロード」紡木たく(集英社刊)
監督:三木孝浩
脚本:吉田智子
主演:能年玲奈
公開:2014年夏
スポンサーサイト


<<寒くなった; | BLOG TOP | ちょっぴり散財( ̄▽ ̄;)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ


FC2Ad

▲PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。